「読了」 一覧

拙者が斬る! 読了

【読了】持たない暮らし 下重暁子

2019/03/14  

  この手の本もよく読み込んでます。 実際に簡素にして生きていますがまだまだ要らないものが多い。 これからは本当に必要なのか? しっかりと考えた上で手に入れないといけませんね。 物に限らず、 ...

拙者が斬る! 読了

【読了】闇経済の怪物たち 溝口敦

2019/03/13  

こんな本好きだわ〜。 実話なんだけど世の中にはこんな人もいるんだなぁって感心します。 あっという間に読了でした。 愚者は早晩、誰かに食われる。自社が食わなければ他社が食う。物欲に憑かれた者は物欲で転ぶ ...

拙者が斬る! 読了

【読了】もっと言ってはいけない 橘玲

2019/03/13  

前巻が衝撃的だったので期待して読んでみたが 二匹目のドジョウはいなかった。 そんな本でしたね。   あまりにも専門に走りすぎた感があり「まえがき」だけが脳に残りました。

拙者が斬る! 読了

【読了】言ってはいけない 残酷すぎる真実 橘玲

2019/03/06  

統合失調症の遺伝率は双極性障害(躁うつ病)と並んで極めて高く、80%を超えている。(統合失調症82%、双極性障害が83%) 身長の遺伝率が66%、体重の遺伝率が74% 有罪判決を受けた子どもの割合は、 ...

拙者が斬る! 読了

【読了】信長の原理 垣根涼介

2019/03/05  

  懸命な二割。なんとなく働いている六割。明らかにやる気のない二割。 蟻も人間も集団になれば、その働く比率は同じなのだ。 人は改心することはあっても、性根の資質は直らない。一生持ち越していく ...

拙者が斬る! 読了

【読了】光秀の定理 垣根涼介

2019/02/19  

  条件付き確率の定理(トーマス・ペイズ) 人は、その生まれ落ちた立場を忘れては。一日たりとも生きられぬ。育まれてきた意識が、そして過去の記憶が、人間を形作っていく。つまり現在の自分とは、そ ...

拙者が斬る! 読了

【読了】マネーの代理人たち 小出・フィッシャー・美奈

2019/02/17  

専門用語の並ぶ難解な書でした。 しかし、世界の中の日本。 今後の会社像が描かれ勉強になりました。 これからの会社(企業)は利益の確保はもちろんだが社会貢献などが評価の対象になっていく。 そしてそんな会 ...

拙者が斬る! 読了

【読了】最後のサムライ山岡鉄舟 平井正修(全生庵七世)

2019/02/09  

『山岡鉄舟』を学にはこの本からが良いと思われる。 拙者もかなりの数『山岡鉄舟』の本を読破してきたけど まずはこの本を読み込めば、『山岡鉄舟』の生涯がわかる。 そのほかの本は、それぞれを深く掘り下げるた ...

拙者が斬る! 読了

【読了】山岡鉄舟決定版 小島英記

2019/02/06  

命もいらぬ、名もいらぬ、官位も金もいらぬ、始末に困る人。 この常人のなしえない捨て身の行為と人格に、西郷南洲は感動した。 それが西郷と勝の有名な江戸城明け渡しの会談を容易に下のは言うまでもない。 もし ...

拙者が斬る! 読了

【読了】新訳 鉄舟随感録 安部正人

2019/01/25  

拙者が一番好きな男『山岡鉄舟』の随感録 やっぱり時々『鉄舟』がいい 随感録ではわかりずらいところがあるのも致し方ない・・・ 「リスクを買う覚悟なしにには大成功をおさめることはできない」

Copyright© 広島不動産ブログ , 2019 All Rights Reserved.