拙者が斬る! 読了

【読了】山口組三国志 織田絆誠という男 溝口敦

更新日:

 

山口組といえど組織が崩れるのはやはり『金』が一つの要因

組織のトップは『金』に潔さが必要である

 

暴力社会にもはびこる旧世代の搾取

業界構造を打破すべく、孤高の戦いを続ける若きカリスマ改革者

人の心理は知らないものを大きく見て、とんでもなく強いのではと感じてしまう

知らない者同士は互いに相手を大きく思ってしまう。そこを乗り越えろ。気で呑まれたらあかん。

真実ちゅうのは何年か経ったかのちに、必ず捲(めく)れるもんやと自分は確信してます

ヤクザをやめた後も、男はやらなあかんわけですから

 

ヤクザ、暴力団は生産活動らしいことを何一つやっていないのだから、無用の者だといえば、その通りだろうが、日本には生産活動せずに、あるいは生産活動できずに、世を送っている者がゴマンといる。それだけ日本の生産力に余裕があるからだろう。

-拙者が斬る!, 読了

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2019 All Rights Reserved.