拙者が斬る!

不動産 強い発言の裏にはきちんとした責任があるんよ!

投稿日:

広島不動産のことなら現場最前線30年のおじ様『さむらい』

サムライ
おはようございます。

もう1月が終わろうとしてます。

皆さんはスタートダッシュを決められましたか❓

 

『明石市長 暴言謝罪』

なぜか、擁護したくなる。

泉房穂明石市長(55歳)、拙者と同年代。

つい最近まではこんな発言、普通じゃったと思う。

 

ここのところは、パワハラやセクハラやなどと・・・

そりゃぁ、法が整備されてきてるから言うたらいけんのんじゃろうけど。

拙者らの若い時代はそんなこと言われるのは当たり前じゃった。

言われ続けられてた・・・

 

実際に拙者に言われた従業員はいくらでもいる。

それでも、今でも普通に付き合いはある。

「昔、○○○を×××しとけぇや」って

よく怒鳴られましたよねって昔話のネタにもなる。

 

最近はこれは言ってはダメとか

優しいというか、甘っちょろいというか・・・

結局、上辺だけを取り繕うってことなんだろう。

全国民総いい子ちゃんみたいな感じ。

これじゃぁ、お客さんに対していい仕事なんかできんじゃろうと思うよ。

前出の明石市長さんも、発言の一部は現在では許されない内容だったんだろうが

一連の発言のそこ以外ではすごくいいことも発言されてる。

全部を見て聞いて物事の判断をしないとダメよ。

 

ブログを見てても盛りまくって本来の姿とまったく別物だったり

いかにもみたいだけど大嘘つきとか

ホンマにおるけぇ

拙者はそんな人とは関わらんけどね。

 

SNSの普及で誰もが平気で嘘発信が小綺麗にできる時代になった。

そんな時代にまともな発信を続けるには相当な芯がいるんよね。

 

不動産の世界もね、いろんな人種がおるけど

総じて昨今の若い世代は、無責任・・・

もちろんそんな責任あるポジションじゃないこともあるけど

対外的にはその不動産屋としてお客さんと接するんだから

当然に責任を持った仕事をせんといけん。

でも、甘っちょろい教育しか受け取らんけぇできんよね。

情けない・・・けど、これが日本の現実じゃろう。

 

じゃけぇ、拙者は一緒に仕事をする人に正直厳しいよ。

人としておかしいことされたら嫌じゃけぇ。

でもね、そこにはしっかりとした考えがあるから

最終的には怒鳴られようが、怒られようが納得してくれる。

これが大切じゃと思う。

つまりもせん働き方改革より

 

こんな思いで不動産の仕事しとる奴ってそんなにおらんでしょう。

じゃけぇ、人から相談された仕事でも

「そりゃ無理よ」って時にはきちんとお断りできるんです。

そこには、その人への責任があるから言えることなんです。

 

耳座わりのいい回答をしてくれるけど結果が出ない不動産屋と

厳しいけど責任を持って結果を出してくれる不動産屋と

どっちがいいかはお客さんのご判断となりますが・・・

 

今日は、現代日本を憂う拙者の心からの発言ブログでした。

 

本日これにて・・・

 

【本日の物件】賃貸物件 テナント

広島市佐伯区五日市7-8-22

201.17㎡(60.85坪)

家賃270,000円 敷金810,000円 礼金270,000円

現在、ご検討中のお客様有

http://www.hiroshima-tenant.jp/detail.php?no=775

 

広島のテナント・物件賃貸は下記をクリック!

広島テナントサービス

電話:082-247-1143
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)

メール:info@hiroshima-tenant.jp

</div

-拙者が斬る!

Copyright© 広島不動産ブログ , 2019 All Rights Reserved.