買主 賃借人

不動産も気配り目配り配慮そして順序あり!

投稿日:

あなたの不動産も人生も仲介するのは、なんでも経験済みのおじ様『さむらい』

 

サムライ
おはようございます。

自分たちの都合ってわかるんですが

お客さんや周囲の方たちへの気持ちがわかるか否か。

大切なことだと思うんですが

 

 

先日晩ご飯のため立ち寄った『ジョリーパスタ』

17:00過ぎだったので他のお客さんもほとんどいない状態でした。

 

店員さんにビール、ガーリックトースト、前菜2品とピザを注文しました。

拙者の思いは、まずビールを飲みながら前菜とガーリックトーストを食す。

〆にピザを食す。

そんな気、万天で待ってました。

 

他のお客さんも無く、料理人さんの手もすいてたのでしょう。

すべての料理がいっぺんに・・・

やってきた。

ガーリックトーストとピザが同時にくるか・・・

 

オーダーを見ながら料理を出してくれないのかな❓

だったら、注文を一度にせず、何度かに分けてしたほうがいいのかな・・・

って思いました。

 

気を利かせる。

お客さんの思いを考えてみる。

すると料理を用意する順番を考えられる。

目には見えませんが大切なことだと思いました。

 

こういうところが一流と二流の違いになるのでしょう。

 

 

実は、不動産の仲介の世界は

目に見えないが気を使うことの多い世界なんです。

それだけにこの人にはこれだけでいい。

この人にはここまでする。

お客さんは、他のお客さんと比較することが無いからわかりませんが

恐ろしいことに不動産屋は差別❓(区別)してるんですね。

 

拙者の場合は、依頼を引き受ける時点で差別化してるんです。

全力で気を使い満足してもらいたい。

そんなお客さんしかお客さんにしない。

だから、最高の気配り、配慮で対応させていただいてます。

 

最高の気配り、配慮は前出の料理の出る順番と同じように

不動産取引においても順番が大切なんですね。

その順番を不動産屋の都合で進めるってことも大いにあります。

例えば、売上ノルマのために契約金の入金を急かされたり・・・

 

拙者のところは、基本的な順番をご説明させていただき

余裕を持ったスケジュールで対応しています。

こんなところも実は目に見えない気配りなんです。

 

普段、目に見えない行為ですが

気づけば嬉しい。

そんな仕事を心がけています。

ですから、口から出る言葉一つ一つを

このタイミングで話すのがいいのか❓

みなさんがびっくりするぐらい考えています。

すべては拙者のお客さんにとってのためです。

 

本日、これにて・・・

 

 

賃貸テナントは⬇︎

広島のテナント・物件賃貸は下記をクリック!

広島テナントサービス

電話:082-247-1143
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)

メール:info@hiroshima-tenant.jp

-買主, 賃借人

Copyright© 不動産顧問業 日記以上ブログ , 2019 All Rights Reserved.