賃借人

不動産賃貸 交渉が成功する、しないはあなた次第なんです!

投稿日:

あなたの不動産も人生も仲介するのは、なんでも経験済みのおじ様『さむらい』

 

サムライ
おはようございます。

今日もよろしくお願いします。

レオパレスで1324棟の施工不良がありました。

衣食住の根幹をなす住に関わる人間の一人として

情けなさを覚えた朝でした。

この件に関しましては近日中に書きたいと思います。

 

さて、本日は拙者の持ち味の一つである『交渉力』について記します。

一言に交渉と申しましても内容はたくさんあります。

賃貸契約の交渉とは⬇︎

・賃貸料(家賃)などの減額交渉。

・敷金などの契約時一時金の減額交渉。

・契約開始時期の交渉。(引越し可能日からの契約)

・フリーレントの交渉。(契約数ヶ月間の家賃の無料化)

・賃貸物件の設備などの交渉。(エアコンを取り付けてもらうとか。)

・その他、契約一時金の具体的内容(保証会社の保証免除など)

 

賃貸契約解約時の交渉⬇︎

・原状回復工事範囲の交渉。

・原状回復工事費用の負担金交渉などです。

 

入居期間(賃貸契約)中の交渉⬇︎

設備不具合対応時の費用負担交渉や近隣トラブル交渉などです。

 

このように各種、多様な内容の交渉ごとを

家主管理会社不動産屋修理業者近隣住人などと交渉するわけです。

 

拙者のお客さんのための交渉ですから最大の交渉結果を示したいのは当然ですが

その交渉にあたる拙者としては強気に交渉できる下地・地盤が必要なんです。

 

では、その下地・地盤とはどんなものか❓少し説明します。

どんな人にも同様に交渉できるものではありません。

 

賃貸契約前の交渉であれば

契約を希望されるお客さんがどんな方か❓

交渉を大きく左右するものです。

社会的に信用がある方なのか❓否か❓

ここは一番大きなポイントですね。

 

もちろん家主さんによっても変わります。

家主さんが希望する入居者のイメージに合致しているかどうか。

合致していれば交渉ごとはスムーズに進みやすいです。

しかし、家主さんが希望しない入居者の場合、ほとんど交渉は不可能です。

 

交渉ごとですから相手がいる訳です。

その相手のことをしっかり頭に叩き込み

どこまで交渉できるか判断することが大切なんです。

(その情報を多く持っているか否か、ここ大切です。)

 

賃貸契約締結で終わりではなく始まりです。

がめつい交渉をすることによって

良い条件で契約できたとしても

家主さんに悪印象が残るようでは交渉が成功したとはいわないでしょう。

 

交渉とは、どちらか一方の都合だけを勝ち取るだけでなく

気持ちよくその上で無理にない常識的な範囲で行うものと考えます。

 

解約時の交渉もしかりです。

契約者さんが契約にのっとり賃貸されていれば

家主さんも協力をしてくれるものですが

そこに契約違反などがあれば当然協力はしてくれません。

 

できるだけお客さんのためにと拙者は考えますが

嬉しい交渉結果とは、実はお客さん平素の姿勢が導くものなんですね。

時にはそんなことも考えてみてください。

 

本日、これにて・・・

 

 

賃貸テナントは⬇︎

広島のテナント・物件賃貸は下記をクリック!

広島テナントサービス

電話:082-247-1143
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)

メール:info@hiroshima-tenant.jp

-賃借人

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2019 All Rights Reserved.