昭和、平成、〇〇を斬り拓く

拙者が斬る!不動産ブログ

不動産屋

高橋大輔ベテランの力→不動産屋は?

更新日:

おはようございます

先日の新聞から

フィギュアスケート西日本選手権で

現役復帰した高橋大輔選手が優勝❗️

全日本選手権への出場権を獲得した

 

現役復帰して1からスタートした

高橋大輔選手素晴らしいですね

全日本でもどこまでできるか

頑張って欲しいものです

 

反面、若手は何をしてたんでしょう?

と思ってしまう

いくら高橋選手が一流であったとしても

4年間のブランクがある

高橋選手に優勝をさらわれるとは・・・

ベテランの地力なんでしょうね

 

我々不動産業会も

少し見ぬ間に新しい不動産屋が

ボコボコと筍のようにできてたりします

多少経験しての独立や

前会社の同僚と一緒に起業とか

サブの仕事として不動産業とか・・・

適当な開業理由が多いけど

 

しかし不動産業

特に賃貸借仲介においては

そんなに甘くはないんです

 

新しい不動産屋は

圧倒的に物件量が少ない

情報量が不足している

経験が無い、実績が無い、信用も無い

ここからの出発なんです

 

適当な開業理由で継続なんか

難しいものなんです

(どの業界もそうでしょう)

 

確かに昨今は

簡単にネットで物件を探すこともできますが

不動産屋がお客さんと

同じ探しかたしてどうなんでしょうか

ダメでしょう

そこはプロとして違いを見せて欲しい

 

新しい不動産屋の中には

お客さんが自らネットで探してきて

それを案内することも実際にあります

情けない・・・

 

確かに聞いたことのない

不動産会社から連絡をもらうこともあります

聞いてくる前にまずは挨拶じゃろ・・・

とか思います

 

我々、経験豊富なベテランからすれば

本当に大丈夫なのか?

心配にもなります

 

前出の高橋選手の例ではありませんが

若い人が伸びてくるには

その人の素養と時間が必要となります

(拙者はその素養が何かわかります)

 

最近できた新しい不動産屋さん

いつの間にか無くなってる

よくあります・・・

 

昔から言われてる話です

 

お客様
不動産屋はどこを見れば信用できますか?

不動産屋は宅地建物取引業者表⬆︎

店頭に掲げることになってます

サムライ
店頭に掲載されてる宅地建物取引業者票の免許証番号の()内の数字が多いほど経験年数が長いので信頼できると言われた時代がありました

一概にそうとも限りはしませんが指標の一つにはなるのではないでしょうか?

()内の数字は現在では5年に一度の免許更新時に1加算されます

 

若く、勢いがあっても

それだけでは成り立たない

難しいものです

 

仲介した不動産屋が無くなる

困ることもありますよね

 

やはりある程度の実務経験、実績が

信頼・信用に繋がってくると思います

ベテランの信頼感ってことでしょうか😄

 

 

掲載数もたくさん宝の山

広島のテナント探しは経験豊富

『広島テナントサービス』

-不動産屋

Copyright© 拙者が斬る!不動産ブログ , 2018 All Rights Reserved.