拙者が斬る!

現代人に著しくかけていること。

投稿日:

あなたの人生、あなたの財産、あなたの不動産

責任を持って仲介してくれるのは

なんでも経験済みの拙者『サムライ』

 

サムライ
おはようございます。

『相手の身になって考えよう!』

子供の頃、部屋の壁に掲げてあった言葉。

父の指導は、思いやる心だったと思う。

 

そんな教えを受けておっさんになった拙者が思うこと。

 

なんでかのぉ〜・・・

あれから一週間。

悪気はまったくないんだろうが。

 

一週間前にリフォーム相談でお客さんの家で打ち合わせた。

図面を書いて相談をスタートさせる。

そう話して別れたのだが、

お客さんからも業者からも連絡がない。

 

お客さんは、業者さんがいい人だったから待ちます。って

嬉しいことを言ってくれますが、

やはりある程度間が開く場合は

途中で一言でいいので連絡してほしい。

 

なぜ❓こんな簡単なことができないのか。

忙しいから・・・

図面ができてないから・・・

違う。

相手の立場(待つ立場)で考えてないから・・・

最近、多いよね。

相手の気持ちがわからない人たち。

 

拙者、業者さんにその旨伝えました。

『確かにそうでした。すみません。』

わかっていただいたようで良かったです。

 

みんなも気をつけようね。

このように最近よく遭遇するのが

身勝手な人たち。

身勝手な奴は平気で嘘をつく・・・

 

自分自身に余裕がないからそうなのか❓

そもそも相手を気遣うことを知らないのか❓

大切なことなんだけどね。

 

顧客満足とか働き方改革とか需要を作るとか・・・

すべて相手の気持ちを推し量ればいいだけのことなんです。

お客さんの気持ちがわかれば顧客満足度も上がるでしょう。

従業員の気持ちがわかれば働きやすい職場にもなるでしょう。

お客さんが求めるものがわかれば需要も作り出せるでしょう。

 

そうなんです。

相手のみになって考える。

大切なことなんです。

いくらセミナーに行って学ぼうが

いくら頭が良かろうが、能力があろうが

相手の気持ちがわからなければ成功は無い。

そう思います。

 

自己中心的な人が多い世の中。

だから商売がうまくいかない。

自分の何が悪い。

自分の商品のどこが悪い。

自分のやり方のどこがおかしい。

すべて自分が主語なんですね。

 

自分を理解していく上でも大切なのは他者がどう思っているか❓

他者が自分をどう見ているのか❓

これがしっかりわかると

他者にどう見てもらえればいいのかがわかってきます。

その基本的な考え方は

『相手の身になって考えよう!』ってことです。

 

これわからん人とは拙者はつきあいませんよ

 

 

本日、これにて・・・

 

 

 

賃貸テナントは⬇︎

広島のテナント・物件賃貸は下記をクリック!

広島テナントサービス

電話:082-247-1143
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)

メール:info@hiroshima-tenant.jp

</div

-拙者が斬る!

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2019 All Rights Reserved.