拙者が斬る! 賃借人

不動産賃貸 レオパレス転居(退去)費用についての考え方。

投稿日:

あなたの人生、あなたの財産、あなたの不動産

責任を持って仲介してくれるのは

なんでも経験済みの『仲介のサムライ』

 

 

サムライ
おはようございます

レオパレス問題。

問題発覚から一週間。

いろんなことが報道されていますが

拙者が見た視線から書かせていただきます。

 

『レオパレス1324棟施工不良』2019.2.8

この記事から一週間。

毎日、新聞やテレビで報道されています。

なぜ、施工不良が見抜けなかったのか❓

経営者の責任は❓

などと、多方面から問題の解釈や解説などがされています。

拙者は、そんな問題はひとまずみなさんにお任せして

本日掲載されてた、これ⬇︎

『転居求める通知 広島にも』の記事を解説させていただきましょう!

記事によると、転居者へは『家賃5ヶ月分と引越費用等が支払われる』と書かれてました。

実際に、立ち退き費用として妥当なのか❓

その状況次第で異なるものではありますが、

①転居先がレオパレスなのか❓

ここが注目ですね。重要です。

同じレオパレス物件の場合なら上記費用で賄うことは可能だと思われます。

しかし、転居先が一般物件の場合明らかな不足(自己負担有り)となるでしょう。

 

例えば家賃50,000円のレオパレスから同じく家賃50,000円の一般物件へ転居する場合

レオパレスから用意される費用は250,000円(家賃5ヶ月分相当)+引越代。

一般物件の新たな契約にかかる費用は

敷金150,000円、礼金50,000円、前家賃50,000円、仲介手数料50,000円とここまでですでに300,000円。

これにプラスして家賃保証料、火災保険料などが考えられます。

この時点で実害が生じる訳です。

 

我々が立ち退き交渉をする場合、退去者の方には実害が生じないこと。

 

ここがポイントなりますので、転居先の契約条件次第で金額は変わるものと考えています。

不当に高額な好条件の物件に移動することは如何なものか❓と思いますが・・・

同程度の物件に引っ越しを余儀なくされる場合の交渉は

すべての退去者が一律などとはいかないものなんですね。

 

拙者も、大手ハウスメーカーのアパートの竣工遅れの際

多数のお客さん、多数の仲介業者さんと大手ハウスメーカーとの交渉をしたことがあります。

多数のお客さんと交渉する場合、基本的なラインは提示しますが

細々としたことはやはり個別での相談としました。

 

今回の転居者さんもやはりそれぞれの事情はあるものと思われます。

基本ラインだけでないものも上手に交渉することが必要だと思います。

交渉時の基本的な考え方は、何もなければそのまま生活していたこと。

それが妨げられることによって余計な出費がいくらかかるのか❓

名目と金額を明らかにして交渉されることがいいと思います。

 

本日、これにて・・・

 

賃貸テナントは⬇︎

広島のテナント・物件賃貸は下記をクリック!

広島テナントサービス

電話:082-247-1143
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)

メール:info@hiroshima-tenant.jp

</div

-拙者が斬る!, 賃借人

Copyright© 不動産顧問業日記 , 2019 All Rights Reserved.