昭和、平成、〇〇を斬り拓く

拙者が斬る!不動産ブログ

賃貸人

将来を見据えた改修工事を!

投稿日:

マツダスタジアム

『スコアボードを一新へ』

電光式スコアボードを

全面映像スクリーンに改修する

開場10年の経年劣化に対応

 

「球場の次の10年を見据えて」の改修

いいんじゃないでしょうか

将来を見据えて

しっかり設備投資をしていく

必要なことでしょう

 

現状維持は衰退すること

拙者は常にそう思う

 

世には安定を求める人も多いけど

低レベル安定はすぐにできる

でも

高レベル安定なんか無い

高レベル安定したければ

攻める、攻め続ける

この姿勢が必要でしょう

 

拙者の不動産業でもそうです

家主さんの考え方の違いで

まったく将来が変わってしまう

もちろん懐具合にもよりますが・・・

 

例えば解約退去後

できるだけ早く内装工事を終え

入居者募集する家主Aさん

 

入居者が決まってから

内装工事をする家主Bさん

 

どちらがいいのでしょうか❓

 

Aさんの物件の場合

綺麗になった物件を内見します

 

Bさんの物件の場合

汚れたままの物件を内見します

 

どちらが決まりやすいでしょうか❓

お客様
綺麗になったイメージがわかない・・・

 

当然ですよね

綺麗な状態で見てもらうほうが良いに決まってます

 

しかし内装工事終了後

次の入居者が長期間決まらない場合

再度ハウスクリーニングを

やらなければならないリスクもあります

 

しかし、家主さんも業としてやるわけです

そこはリスクを恐れず

攻める家主経営も必要なんですね

サムライ
拙者も攻めの営業で協力しますから

 

掲載数もたくさん宝の山

広島のテナント探しは攻めの

『広島テナントサービス』

-賃貸人

Copyright© 拙者が斬る!不動産ブログ , 2018 All Rights Reserved.