拙者が斬る! 読了

【読了】言ってはいけない 残酷すぎる真実 橘玲

投稿日:

統合失調症の遺伝率は双極性障害(躁うつ病)と並んで極めて高く、80%を超えている。(統合失調症82%、双極性障害が83%)

身長の遺伝率が66%、体重の遺伝率が74%

有罪判決を受けた子どもの割合は、実の親の犯罪件数に比例して高くなっている。

家族と死別したときのかなしみを埋め合わせる賠償額は、配偶者が5000万円、子どもが2000万円に対し、きょうだいはわずか16万円で友人(130万円)よりも少ない。

心拍数の低さは、恐れの欠如を反映している。

「発汗しない子ども」は、親がどれほど厳しくしつけても、良心を学習することができない。

美人は生涯に2400万円得し、不美人は1200万円も損をして、美貌格差の総額は3600万円にもなる。

消費者が美形の相手から商品を買ったり、サービスを受けることを好む。私たちは「美貌格差」を批判するが、その差別を生み出しているのも私たちなのだ。

ヒトは「一夫多妻に近い一夫一妻制」とされてきた。

霊長類のなかで、発情期にかかわらず交尾し、性行為をコミュニケーションの道具に使うのはヒトとボノボだけだ。

「ヒトの本性は一夫一妻制や一夫多妻制ではなく、(ボノボと同じ)乱婚である」

子どもが親に似ているのは遺伝子を共有しているからだ。子どもの個性や能力は、子育て(家庭環境)ではなく、子どもの遺伝子と非共有環境の相互作用によってつくられていく。そしてこの過程に、親はほとんど影響を与えることができない。

おもしろい本です

何回も読み直して記憶しておきたい。

 

-拙者が斬る!, 読了

Copyright© 広島不動産ブログ , 2019 All Rights Reserved.