不動産屋 賃借人 賃貸人

不動産賃貸 どこまでが適正なサービスか?

投稿日:

不動産の世界。

皆さんには馴染みの薄い世界でしょう。

我々、経験者であっても同じものは何一つ無い事ばかりです。

案内、申込、審査、契約手続き・・・

何一つ同じもの同じことがないものなんですね。

同じ物件でもお客さんが違えば違ってきます。

同じお客さんでも物件が違えば違ってきます。

お客さんのご要望も人それぞれです。

家主さんの思いもそれぞれなんです。

その時、その時の考え方も変化していきます。

我々はできるだけお客さんや家主さんのご要望、思いに添えるよう努力します。

そして何とかできることもあります。

しかし、その要望(かなり無理のある)を叶えていくことが本当にいいのでしょうか❓

無理なものは無理とはっきりとさせておくことも時には必要なのではないでしょうか❓

 

管理会社さんでは、その会社で決めたルールを最重要視します。

お客さんはそのルールに従わなければ入居できません。

 

例えば、契約金だけでなく契約書類なども全部揃わないと鍵をもらえないとかです。

あっさり例外を認めず粛々とお客さんに対応していくことも必要ではないか❓

ここ数日の私のサービス過剰を反省しているところです。

 

我々、不動産屋がお客さんのご要望に応えようと努力し結果が出たとしても

お客さんは単に要望通りになっただけ。

感謝も何もありません。

それは、どんなものがルールなのか理解していないからなんですね。

 

申込書を提出したらすぐに借りられるとか・・・

自分が思えばその通りになる。と勘違いされてるようです。

特に賃貸借に至っては貸主・借主の契約となります。

それぞれのご要望は乖離しているものです。

 

そこで必要になってくるのが、仲介不動産会社の姿勢ではないかと思います。

無理の強い要望は毅然と断るることも必要でしょうね。

 

本日、これにて・・・

 

 

賃貸テナントは⬇︎

広島のテナント・物件賃貸は下記をクリック!

広島テナントサービス

電話:082-247-1143
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)

メール:info@hiroshima-tenant.jp

 

-不動産屋, 賃借人, 賃貸人

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2019 All Rights Reserved.