賃借人

不動産賃貸 修理費用は誰の負担?

投稿日:

あんまり使いたくない『平成最後の・・・』

差し詰め今日は『平成最後の年度末』ってことじゃろう。

若い世代はこの年度末ってピンと来んよね。

 

年度末を知るためには『年度』がわかならないとわからん。

年度とは

『暦年とは別に、事務などの便宜のために区分した1年の期間』

その末ってことです。

 

わからんと困るのは

賃貸で借りてる物件に不具合が生じた時

どこに修理を依頼すればいいのか❓

その費用は誰の負担になるんか❓

わからんと困るじゃろ。

 

そこで、大事になってくるのが

その修理箇所が設備なのか❓

それともサービス品なのか❓

重要事項説明書に記載されてるのでまずは確認してみる。

(設備の場合は記載されてる。サービス品は記載が無い。)

 

例えばエアコン。

このエアコンが設備なのか❓サービス品なのか❓

設備であれば不動産屋に連絡して

家主の費用負担で修理してもらう。

サービス品の場合は、自己負担で自分で修理会社を手配する。

こうなるんですね。

 

でも、こんな感じでわかりやすい箇所もあれば

これは・・・どうなん❓ってこともあります。

そんな時は、まず不動産屋に相談してみる。

 

大事なのは、簡単に修理業者に頼まないこと。

その修理費用を誰が負担するのか❓

この違いで修理業者を依頼するのが誰になるのか決まるから。

 

家主が費用負担するなら家主が修理業者を手配する。

入居者が費用負担なら入居者が手配する。

これが大原則です。

 

まっ、いずれにしても不動産屋に連絡してみることです。

 

本日、これにて・・・

 

 

賃貸テナントは⬇︎

広島のテナント・物件賃貸は下記をクリック!

広島テナントサービス

電話:082-247-1143
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)

メール:info@hiroshima-tenant.jp

-賃借人

Copyright© 不動産顧問業 日記以上ブログ , 2019 All Rights Reserved.