拙者が斬る! 読了

【読了】室町無頼 上・下 垣根涼介

投稿日:

友達の『山』くんからもらった本。

これは北方謙三の『水滸伝』『岳飛伝』『楊令伝』みたいな本でした。

結構好きな種類。

「そもそも自分が考えていることすら、本当のところは本人さえもはっきりとは分かっていないのだ。人とは、そういうものだ。常に無知の知を抱え、生きている。」

「一度身に付けた知恵は、減ることがない。最期の時まで、心の内で反芻と発酵を繰り返し、その人を支える。」

「銭など、使わぬ限りはただの鉄。銭そのものは食えぬし、体が温まりもせぬ。代わりに食い物や住むところが回ってくればそれでよい。」

「そもそも返す当てがない銭なら、借りなければいい。それがこの世の道理というもの。」

「人はみなそれぞれ自分なりの料簡と都合で生きている。」

「恥も外聞もない。無様でもよい。泥水を啜ってでも、這い蹲ってでも生きなければ・・・」

 

-拙者が斬る!, 読了

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2019 All Rights Reserved.