不動産屋

不動産業 キッチリ小まめに対応する!

投稿日:

天気の良い週末となりました。

絶好の花見日和でしょうね。

私は『桜』の花粉症勃発で最悪です・・・

自宅そばに見事な桜が満開を迎えております。

最悪です

早々に散ってほしいものです。

 

 

さて、不動産仲介業の大切なことはマメに対応すること。

家主さんやお客さんのご要望にはキッチリとマメに対応することが肝要です。

 

先日もゴミ出しに不満の家主さんから連絡をもらうと

一度は現場を確認しに行ってくる。

そして、対応を実行する。(警告文を入居者に配布とか・・・)

 

契約前の物件をお客さんと内装業者さんが内見する。

ご要望に応える。

簡単に部屋を空けておくだけでなくきちんと同席し立ち会う。

何もできること、することはないんですが

立ち会うことこれが大切なんですね。

 

私は必要であれば何度でも何時間でも内見に立ち会わせていただいてます。

工務店さんや内装屋さんといろんな話を聞かせていただくのもいい勉強です。

そして、お客さんが望まれてることも理解できる。

その内容を家主さんや管理会社さんにお伝えするも不動産屋の仕事ですから。

 

もちろん、契約終了後であればお客さんと内装屋さんだけでもいいんですが

契約前は不動産屋の責任で内見をしていただきます。

もし、不動産屋が立ち会わなければ責任の所在がわからない。

 

まぁ、なにも起こることは無いんでしょうが・・・

そこは家主さんの大切な物件ですし私の大切なお客さん。

念を入れ、立合う。

 

家主さんやお客さんの気持ちを察して仲介させていただく。

気持ちを察し、小まめに対応、大事なことだと思います。

 

でもこれができない不動産屋って実は結構多いものなんです

 

本日、これにて・・・

 

 

賃貸テナントは⬇︎

広島のテナント・物件賃貸は下記をクリック!

広島テナントサービス

電話:082-247-1143
(↑ スマホでタップすると、電話がかかります)

メール:info@hiroshima-tenant.jp

-不動産屋

Copyright© 不動産顧問業 日記以上ブログ , 2019 All Rights Reserved.