不動産屋

不動産業 欲のない営業

投稿日:

やっぱしダメじゃの

昔なら怒り爆発の儂じゃが・・・

今は『もう一回きちんとしといてね』って。

ハウスクリーニング後のキッチン排水口がこれじゃぁ・・・

 

 

お客さんの案内を顧問先の課長と一緒にした。

儂のお客さんじゃけぇ、主に儂がお客さんと話してた。

案内終了後、課長さんに

「どうじゃった?」って聞いてみたら

「いつも思うんですが顧問って欲がないんですか?」

「自分だったらいつも儲けが頭から離れないんですけど・・・」って

 

その違いはね、儂は営業マンじゃ無いんよ。

そりゃ確かに不動産屋として金は稼ぐが、

儂の儲けのために、どうしてもこれにしようとか

この物件で決めちゃろうとかまったく思わんけぇ。

 

案内した物件のどれでもえぇけぇ気にってもらえばえぇんよ。

儂は案内の物件でも良いか悪いかははっきり伝えるようにしとる。

それは決めることだけにやっとるとお客さんはその感じがわかって

 

他の意見も聞きたいけぇ、別の不動産屋に行ったりするようになるんよ。

儂のようにお客さんのポジション、目線で物件を紹介していけば

いつかはどれかで決まるってことなんよね。

 

じゃけぇ、儂は営業マンじゃないんよ。

そうじゃね、お客さんの相談相手・・・そんな感じ。

お客さんにとっての不動産顧問って感じじゃと思うよ。

そのポジションを築いていくには

広範囲の知識、経験そして儂自身の自論を持たんといけんいうことなんよね。

それと

 

そりゃ世の中の人がみんながみんな儂と同じ自論とは限らんけど

そこに妥協はいらんのんよ。

儂の考え方は間違いないって思い込むしかないし

実際にそれで結果を作り続けよる訳じゃし

儂の考えに添えない人と添う必要がそもそもないけぇ。

 

まぁ、知識も経験も能力も無いのに欲ばっかり突っ張らしてもダメってことよね。

儲けを考えただけで儲かるならえぇけど

考えただけじゃ儲からんけぇ。

 

儲けたいならそれなりに努力して

お客さんがあんたに儲けさせたいって言わせるようにならんと・・・

 

これは案内だけに限らない。

すべての事象に当てはまること。

賃貸条件の交渉なんかでも

ただ単に有利になればいいって訳ではない。

そこには相手さんも快くってことも求めるところなんです。

 

まぁ、奥は深いってこと。

 

じゃ、またあした

 

 

P/S 私が顧問を勤める不動産屋のHPができました。

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-不動産屋

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2019 All Rights Reserved.