不動産屋 賃借人

不動産賃貸 交渉は将来のことを考えてからする。

投稿日:

男の値打ちとはなんじゃろうか❓

人によって違うんじゃろうけど・・・

 

件の再清掃現場を覗いてみた。

がっ・・・

浴室天井に多くの水滴。

拭き取り作業をしていない。

速攻電話してきちんと拭き取ってもらいました。

ホンマ頼むで・・・

 

で、今日は1円の儲けにもならない仕事をしてきた。

管理会社さんとそこを借りたいお客さんを引き合わせる。

ホンマにこの件では1円も儲からんのんじゃけど

管理会社さんも喜び、お客さんも喜ぶなら

儂が情報を絶ってもいいことはなかろぉってことです。

 

そんな姿勢は、契約時の交渉ごとにも如実に顕われる。

どっちに転んでも仕方の無い場面でも

たとえ結果がどうであれ

儂のお客さんの利益になるべく考え行動する。

これが基本。

 

今ね、3件のテナントさんの契約を同時に進めよるんじゃけど

当然どの件もお客さんの利益が最優先。

きっと満足いただけるんじゃないでしょうか。

 

不動産屋にもいろんなんがおって

契約まではすんげぇ親切なんじゃけど

契約済んだら「家主さんと直接話して」・・・

みたいに放ったらかすとことか。

突然、家主ベッタリになったりとか・・・

はなから交渉なんかさせないとか・・・

はなから交渉させないは

一理あって嫌なら借りなきゃいいってこと。

 

 

これを見抜くのは中々難しいんじゃけど

まずは交渉窓口が責任者かどうか❓

これはあると思う。

 

責任者じゃない一担当者では

その担当者が思ってくれても

そうはいかないこともよくある。

 

でも、責任者の場合には

ある程度責任を持って対応してくれる。

約束するなら責任者がやっぱりえぇんじゃけど。

 

まっ、その責任者をもってしても難しいこともありますが・・・

 

交渉ごとは誰のため

どこまでどうするか❓

そのことを誰と交渉するか❓

そしてどこで妥協するか❓

将来のことを見据えながら交渉するものです。

そしてその交渉はできるだけ書面によることが肝要です。

賃料交渉などは契約書に記載されるので問題無いけど。

 

さぁ、やらなきゃ・・・

っていいながらすべて返事待ちの状態

なんもできん・・・

 

連休連休と世は騒がしいけど

儂の連休はどうなるんじゃろうか・・・

まっ休みはいらんのんじゃけどね。

 

独り言のようなブログになってしもうたけど

またあした

P/S 私が顧問を勤める不動産屋のHPができました。

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-不動産屋, 賃借人

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.