昭和、平成、〇〇を斬り拓く

拙者が斬る!不動産ブログ

拙者が斬る!

その情報は本物ですか?

投稿日:

兵庫県の作成したハザードマップが
間違えていたとのこと

『尼崎西宮芦屋港 高潮浸水予測区域図』

海沿いの地域はほとんど危険を伴う

なぜか南芦屋浜地区は真っ白・・・

浸水は無い地域とされてた

 

しかし先日の台風の際

街は浸水した

県が調査したところ

防潮堤に測量ミスがあったとのこと

 

しかも購入者の中には

ハザードマップを見せられ

安全な地域と購入した人もいるとのこと

 

我々不動産屋も

行政が作成する書類に

誤りがあるとは考えませんから

当然、売買に有利な資料は

どんどん活用します

 

しかしその根本が間違いであれば・・・

 

そうです

購入は自らの自己責任です

情報氾濫の昨今

どんな情報も本当なのか❓

嘘なのか❓

きちんと判断しないといけませんね

情報が騙そうと考えてなくても

誤りもあるってことを・・・

 

今回は、防潮堤の測量ミスが原因ですが

想定外の自然災害は

どうしようもないですよね

高潮が嫌なら海辺に住まなきゃいい

最後は自己責任です

 

ハザードマップを見て

おかしいと思わなかったってことが

拙者にはわからない

 

サムライ

海岸沿いの他の土地は皆一様に

浸水の可能性があると表示されてるのに

なぜここだけって大丈夫なんだろう❓

思わなかったのだろうか・・・

 

情報氾濫

不動産業界も物件の情報は氾濫しています

「いい物件だなぁ」って思う物件を

問い合わせたらすでに成約済み

「今、決まったんです」とか言われ

他の物件を紹介されたり・・・

 

本当に今決まったのか❓

客引き用のおとり広告として

常時掲載してることも考えられます

 

もっとおかしい話では

この世に存在しない

架空の好条件物件

なんてことも考えられます

 

その情報が本物か❓

これは誰が情報元なのかでも

わかることがありますね

 

SNSでもそうですよね

自分に都合のいい情報を発信する人とか・・・

 

不動産屋にもいますね

集客のためなら嘘の情報でも出し続ける

 

その情報が本物か偽物か・・・

迷った時にはご連絡ください

調査の上、回答いたしますから

 

 

掲載数もたくさん宝の山

広島のテナント探しは確かな情報

『広島テナントサービス』

-拙者が斬る!

Copyright© 拙者が斬る!不動産ブログ , 2018 All Rights Reserved.