賃借人

不動産賃貸 解約で書面提出

投稿日:

今日から連休がスタートですか・・・

おかげさまで昨日のうちにすべての準備が整いました。

ゆっくりと事務仕事をさせてもらいましょう。

 

連休であろうが月末は月末。

解約予告はきちんとされましたか❓

その解約予告も電話やネット(メール)でのやり取り。

便利なものです。

相手が不動産屋であれば解約届などもメールやFAX。

お客さんから提出いただいた解約届(解約申込書)は家主さんに持参します。

届いた❓届いてない❓

言った❓言わない❓

聞いた❓聞いてない❓

こんなことの起こらないよう細心の注意を払います。

そしてそのようにするのは契約書に記載されてるからでもあります。

「甲又は乙は、本契約の更新を拒絶し、又は解約しようとする場合、次の各号に従って、相手方 に書面をもって通知しなければならない。」

 

書面をもって通知。とか

書面提出により承諾。とか

書面による承諾。とか

若干ニュアンスは変わります。

しっかりと確認しておかないと契約違反になってしまいます。

ましてや解約の話となれば重要なことなんです。

 

不動産屋に簡単に「書面はいいですよ」

なんて言われても何が起こるかわからない。

それこそ言った。言わない。聞いた。来てない。ってことにも繋がります。

やはりきちんと契約通りに手続きをすることをお勧めします。

 

儂は特に解約届に関しては気をつけています。

厳密に言えば1日違うだけで1ヶ月分変わってくる。

安易に考えず予定がわかればすぐにご相談ください。

そして、きちんと書面を提出してください。

 

ということで儂は今日も家主さんに解約申込書を渡しに行ってきます。

 

じゃ、またあした。

 

 

P/S 私が顧問を勤める不動産屋のHPができました。

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-賃借人

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.