拙者が斬る!

先生もいろいろなんです。

投稿日:

さぁ、連休明け。

仕事大好きな拙者は朝からハリキッテます。

そんな朝から納税相談の電話がかかってきました

 

先生って言われててもわかっとらんのもおる。

最近、固定資産税の納税通知が届きよるんじゃけど

届いてみてビックリってことがあります。

 

昨年相続手続きと同時に売却した土地建物について

建物の固定資産税の納税通知が市から届いたんだって。

 

理由は建物が未登記だったので・・・

 

土地は所有権移転登記が済んでるので問題ないんですが

未登記の建物は手付かず・・・

 

よって前所有者宛に納税通知があったって事です。

(市の対応にも?な部分もあるのですが・・・)

 

要は司法書士の片手落ち。

仮に司法書士が依頼を受けて無くとも

市への手続きを説明しておかなきゃいけなかったんじゃない?

 

このようなことはいろんな分野で起こりうるものです。

完璧❗️って思ってもどこか見落としがあったりします。

もちろん初経験の不動産購入や売却。

わかりませんよね。

そんな時は経験がものをいう訳です。

 

司法書士の先生。

税理士の先生。

行政書士の先生。

先生と言われても崇められても奉られても

経験が実務が無いとうっかりってことも考えられます。

 

拙者は先生なんかじゃ当然ないですが(ただの宅建士)

実務経験(31年)は長年にわたります。

 

いつも完璧って仕事を目指しています。

いろんな方向から一つの取引を見る目。

大切だと常に思っています。

 

拙者が答えられなければ

知り合いの専門家に拙者が聞きます。

ご安心ください。

 

そして、拙者が関与した取引においては

何かが起こっても何とかします。

さぁ、新規テナントさんへの鍵渡しへGO

 

今日はここまで。

じゃ、またあした

 

 
P/S 私が顧問を勤める不動産屋のHPができました。

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-拙者が斬る!

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.