不動産屋 拙者が斬る!

世のため人のためお客さんのためになることを・・・

投稿日:

不動産取引にかかわる人を応援

 

昨日夕方電車に乗ってた。

山陽女学園前の電停で降りたおじさん(結婚式帰りで酔ってた)が

降車時、足元をふらつかせ壁に顔面を激突。

すぐに電車の乗務員さんが駆け寄り対応していた。

結局、電車はそのおじさんを救急車に乗せた後に発車するとのことでした。

 

遮断器は鳴りっ放し(大渋滞)、電車は止まったまま

これでは救急車も現場までは来れないだろう。

そう思った拙者、ちょっとだけ勇気を出してみました。

「私が救急車へ必ず乗せますから電車を動かしてください」

すると乗務員さんが本部の許可が出ればお願いします。って・・・

すぐに本部から許可が出たので

拙者を電停に残し電車は発車していきました。

 

その数十分後、救急車が到着し、おじさんを救急隊に引き継ぎました。

酔ってるので救急車に乗らないとか言いだすし大変でしたが・・・

みんなも電車の乗降には気をつけましょうね。

 

なんか世のため人のためになることをするって気持ちいいものですね

そんな良いことをした昨日ですがこんなこともありました。

 

「はぁ?なに言わしとるんですか?」

 

今年2月に契約したテナントさんの鍵交換が未だに終わらない。

4月には管理会社担当者に厳しく詰め寄り

鍵屋との確約も取り付けていました。

「4月末までには納品施工の予定」

「念のため連休明け施工まで待つ」

 

連休明けても管理会社から連絡が無いのでこちらから連絡すると

「鍵屋からまだ連絡が無い」「確認してみる」

その回答の電話で冒頭の会話になりました。

鍵屋へ確認の結果「まだいつになるかわからない」って・・・

その鍵屋、管理会社を舐め回してますね。

4月の話は一体なんだったんでしょうか?

 

仕方ないので管理会社さんに

「私が鍵屋に連絡しましょうか?」

「キッチリ話しつけますよ。」って伝えました。

 

「夕方まで待ってくれ」って

そりゃ管理会社さんに待ってくれって言われりゃ待ちますよ。

でもね、あんまりにも誠意がないじゃないですか?

その鍵屋。

約束の期限を過ぎてるのにこちらから連絡してその回答。

拙者はね、大嫌いなんです。こんな奴。

 

なぜこんなに時間がかかるのか

事情がわかればお客さんにもお伝えし

了解して待ってもらいますが

もういい加減にせぇやって感じです。

 

契約開始からすでに2ヶ月。

5月1日からは正式稼働されてるテナントさんですよ。

しかも大切な鍵なんですよ。

3ヶ月以上も待たされたら・・・

拙者の大事なお客さんの代わりにそりゃ声も大きくなりますよ。

「もうこちらで勝手に鍵交換させてもらいます」って・・・

 

結局、今の所、管理会社からは連絡がありません。

管理会社も舐めとるよの

不動産屋はお客さんの代わりに声を荒げることもします。

それはお客さんのためにです。

 

じゃまたあした。

 

 

P/S 私が顧問を勤める不動産屋のHPができました。

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-不動産屋, 拙者が斬る!

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2019 All Rights Reserved.