賃借人 賃貸人

お客さんの代わりに動きます。

投稿日:

『不動産業を通じて人づくり』

 

今週も月曜日から全開です

テナント契約中物件の家主さんからの連絡です。

お客さんは東京。

このためだけに来ることは難しい

拙者が一任いただき現場を確認してきました。

これじゃぁ、クリーニングでも落ちませんね。

貼り替えをお願いしましょう。

クロスは中古でも補修されてればOKです。

 

このように、お客さんの代わりに物件を確認し

お客さんの代わりに家主さんにお願いする。

やはり現場を見ておかないと・・・

 

そして契約書に反映させる。

・床は新調、クロスは中古とする。退去時は甲乙協議の上修繕するものとする。

これから数年間?の契約後に解約になります。

今は覚えていても数年先は忘れてるってこともあります。

新品だから新品にするってものでもないのですが

最初はどうだったのか❓

争点になるものです。

 

トイレも洋便器に新調ですが

こちらは設備としての新調ですから気にかけることはありません。

 

このように将来に対してはっきりとさせておく。

現在の為ももちろんありますが

中途半端で将来の解釈に疑義が生じないよう

常に対応しています。

 

じゃ、またあした。

 

 

P/S 私が顧問を勤める不動産屋のHPができました。

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

 

-賃借人, 賃貸人

Copyright© 不動産顧問業日記 , 2019 All Rights Reserved.