拙者が斬る!

犯人逮捕とこれから。

投稿日:

『不動産業を通じて人づくり』

商売はどこまでいっても人づくり・・・

最後は『人』なんです。

 

先日の落書きのブログから2日。

『ピンチをチャンスと捉える』

 

昨日「犯人」が逮捕されました。

中区のアルバイト店員少年(19)

30カ所以上で落書きが見つかり少年が関与を認める趣旨の供述。

ネットニュースには顧問先が所有するビルへの落書きが掲載⬆︎

「DHOLICと書いた落書きは全て自分だ」と供述している。

 

最終的には顧問先が決めることですが

拙者なら正義の鉄槌を振り下ろします

 

犯人逮捕ですから警察に犯人の氏名、住所を聞きます。

犯人宅を訪問。

損害賠償の請求をします。

(ビル全体塗装で1500万円ぐらいですかね

 

犯人が19才の未成年者ですから当然親へも請求します。

(親も大変です

 

その場で回収できれば終了ですが

回収できない場合は

民事訴訟・・・

 

安易な考えで落書きをして回ったのでしょうが

その代償がどれぐらい高額ななものになるのか・・・

しっかりと現実社会を見せてあげましょう。

 

建物をしっかり守る。

維持管理していく。

これも不動産屋としての仕事です。

そして悪い奴は徹底的に懲らしめる。

これは拙者の仕事です。

 

さぁ、落書きを消すための見積もりに行ってきます

 

じゃ、またあした。

 

P/S 私が顧問を勤める不動産屋のHPができました。

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-拙者が斬る!

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.