拙者が斬る!

広角で見るだけでなく広角で考える。

投稿日:

『不動産業を通じて人づくり』

商売はどこまでいっても人づくり・・・

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を与え続ける人を全力で応援しています。

 

 

視野も広い方がいいんですが

考え方も広く考えた方がいい。

 

鍵BOXが開いたままで鍵が無い

「誰かが盗ったのか?」

「誰かが締め忘れたのか?」

・・・

部屋の中に誰かが入っているのか?

そこ確かめれば済む話。

 

オートロックの暗証番号は

「*・・・・」?

*・・・・あかない

じゃぁ「*・・・・呼」

 

経験に裏付けられた考え方。

どんな世界も経験に基づく考え方があるもの。

 

最初から拙者のようにはできんよ。

でも、今までの自分をちょっと広げていけば変わるはず。

 

ものの見方もそうだけど

考え方を広角にすれば

家主の考え方

お客さんの考え方

管理会社の考え方

不動産屋の考え方

その担当者の考え方

いろんな立場の考え方がわかってくる

 

その考え方を理解した上で

どう考えてどう進めていくか?

口では説明しにくいけど自分で組み上げる。

そして実行していく。

そうすることで自分の考え方ってものも作りあげられてくる。

仕事なんてそんなことの繰り返し。

若い時は絶対的な経験値が少ないんだから

わからなくて当然。

素直に経験者に相談すればいい。

大切なのはこれしかないと考えないこと。

本当にこれしかないのか?

自問自答を繰り返すことです。

 

じゃ、またあした。

 

P/S 私が顧問を勤める不動産屋のHPができました。

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-拙者が斬る!

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.