賃借人

折り返しの電話ができないと仕事は無くなります。

投稿日:

『不動産業を通じて人づくり』

商売はどこまでいっても人づくり・・・

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を与え続ける人を全力で応援しています。

 

いつ梅雨入りするんだろう・・・

もしかしたらこのまま夏突入ですか❓

 

そんな昨日はリフォーム希望のお客さんのご自宅に行きました。

 

元々、2月初めに紹介をいただいたお客さんです。

その際、『S工務店』をご紹介し、何度かの見積もりや訪問があったようです。

 

元来本業以外では収入を必要としない拙者は

工務店さんに紹介料なども要求しません。

その分、お客さんに紹介をした時点で拙者はお役御免とさせていただいてたんですが・・・

 

5月の半ばにお客さんから連絡があり

『S工務店』の担当の人と連絡が取れないとお困りの連絡。

何があったのかわからないので担当の方に連絡。

身内に不幸が続いていたらしい。。。

まぁ、すぐにでもお客さんに連絡してくださいとお願いしましたが

結局数日後一度連絡があっただけでまた連絡が取れないんだそう

 

お客さんはもう『S工務店』ではやりたくない気持ち。

しかし拙者からの紹介ということがあり我慢してくれてました。

ここまできたらもう仕方ないですね。

 

拙者は『Fハウス』を紹介してきました。

電話での連絡一本。

そりゃぁタイミングが合わないこともあるでしょうが・・・

電話できるでしょう。

何故その一本ができないのか❓

拙者にはわかりませんが

仕事が一つ無くなったことは間違いありません。

そして、今後の拙者からの仕事も当然ありません。

 

ホント、なんで電話できんのじゃろう❓

 

じゃ、またあした。

 

 

P/S 私が顧問を勤める不動産屋のHPができました。

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-賃借人

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.