不動産屋

交渉は心理戦!

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでも人づくり・・・

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を

与え続けるあなた

全力で応援しています

 

本日ご案内の物件を下見をしてきました。

お客さんの立場で物件を見ます。

どう使う❓

ちょっと特殊じゃけど・・・

 

不動産屋は心理学者❓

相手の気持ちを読みます。

交渉は心理戦です。

 

しかし、読めたから即同意とはならない。

喜ばすだけじゃダメです。

ダメなものはダメですから・・・

 

今回成約になったテナントのお客さん。

昨日も現場から連絡があり

内装工事のご相談。

『この蛇口要らないから撤去』

『クロス張替えるなら黒で』って・・・

はっきりと要望を伝えられます。

 

直ちに現場へ向かい

ご要望をお聞きし

管理会社に連絡して

即回答

 

「撤去はするがクロスは貼らない」

「塞ぐだけ」

 

お客さん、その回答に了解されました。

その場で即解決。

それを望まれるお客さんって

わかってるからできる対応です。

 

回答そのものは

お客さんの望むものではないけど

そのスピード感が

お客さんのスピードに合う。

 

相手に合わせるのは

希望だけじゃないんです。

 

そして、今月末お引越しのお客さん。

お祝いに何か❓

お客さんが喜んでる姿を思い浮かべ

贈り物が決定

ここでもお客さんの気持ちを読む。

気は使いすぎるぐらい使う。

大切なことです。

 

じゃ、またあした。

 

 

P/S 私が『部長』を勤める不動産屋のHPができました。

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

-不動産屋

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2019 All Rights Reserved.