賃借人

些細なとこまで責任を持つ。

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでも人づくり・・・

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を

与え続けるあなた

全力で応援しています

 

契約手続き終了のテナント。

鍵の引渡しに備え鍵の確認作業です。

数カ所の鍵がキチンと合っているか❓

お客さんは間違うことってあるの❓って

思われるでしょうが

多くの鍵を管理してると

間違いがあるものです。

 

確認作業は鍵突っ込んで

開け閉めして確認するだけなんですが

引渡す鍵が合ってるのか❓

大事なことなんです。

 

こんな些細なとこまで

気を配る。

責任を持つ。

拙者はいつもやってます

 

そんな鍵確認後

見つけてしまいました。

契約金の入金は済んでるものの

鍵渡しも終了してないんだけど

内装屋さんの道具なんだって・・・

鍵も施錠してないから

無くなっても文句は無いんでしょうが

 

今後は一言

『置かせてください』って欲しいですね。

内装屋さんの

質を疑っちゃいますから

 

この内装屋

何も考えてないんでしょうが

家主さんや管理会社が

お客さんに対して

どう思うか❓

 

家主さんや管理会社は

内装屋に対してより

お客さんに対して

思います。

 

お互いに責任を持って

やっていきたいものです。

 

些細なことまで気を配ってると

こんなことが目に止まる。

別に大した事じゃ無いんでしょうが

そこは契約ごとですからね。

 

じゃ、またあした。

 

 

P/S 私が『部長』を勤める不動産屋のHPができました。

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

-賃借人

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2019 All Rights Reserved.