不動産屋 賃借人

建物賃貸借契約書 解説⑥ 条文(4)

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでも人づくり・・・

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

 

広島カープ、予定通りの11連敗。
10連敗は8年ぶりだったけど
11連敗は20年ぶりなんだね。

広島商業が甲子園から遠ざかる
もっと前だったって希少価値あるじゃ。

でも心配は全くしとらんのよ。
以前も書いたけど他球団やセ・リーグへの
忖度だから大丈夫。

しっかりオールスターの間で切り替えて
オールスター明けからやってやりましょう

 

アメブロ版『拙者が斬る!』

 

建物賃貸借契約書 解説⑥は
第14条(禁止事項)からはじめます。

 

第14条(修繕義務)
賃貸借物件の本体、本体の欠陥に基づく屋根、外壁、基礎
その他項の設置した設備等の損傷により使用目的達成に支障
またはそのおそれがある場合は甲の負担で修繕し
その他の損傷は乙の費用負担とします。

この項目の解釈は建物本体および甲の設置下設備の
修理は甲が負担しますがそれ以外は乙の負担ですとしています。
例えば水道のパッキン交換とかは乙の負担となります。

屋根が破損して雨漏り
給水管が破損して水漏れ
設備としてのエアコンが交渉した修理などが
甲の負担での修理になります。

ここで気をつけたいのは
契約当初からあるエアコンなどが
設備なのか❓
サービス品なのか❓
この設備なのか、サービス品なのかで
修理費用の負担者が誰かかわってきます。

設備であれば甲の負担。
サービス品であれば乙の負担。

乙の負担であれば乙の意向で
修理でも新品交換でもどちらでも構いません。
そして退去時には持ち出しても構いません。

設備とサービス品を確認するには
重要事項説明書をご確認ください。
設備の場合は記入されてます。
サービス品の場合は未記入またはサービス品と
表示されてます。

2損傷を発見したらすぐに甲に通知する義務があります。

3前項の通知を怠り、怠ったために物件に損害を与えた場合
損害の賠償をしなければならない。
気がついたらすぐ連絡が大事です。

4物件の損傷により使用目的が達成されなく損害が
発生しても甲は負担しません。
これは嫌な書き方ですが自分の身は自分で守るって
ことでしょう。
ただし以降は乙が損害を防止するためには
自らが甲の費用負担で応急修繕を行うことができるが
甲に連絡して必要最小限の修善を行うことができる。

5建物本体や設備であっても乙の故意、過失が原因の
修繕は乙の費用負担となります。

 

第15条(内装造作諸設備工事)
看板設置や内装造作付属物件の新設、撤去
全て原状を変更する場合は乙の書面により
公の承諾を得なけれならない。
ここでの書面は乙であることに注目してください。
この書面とは新設看板の設置図面や
事務所内レイアウト変更図面などです。

2前項の新設等における不動産取得税は乙の負担とする。
これは乙自身の所有物ですから当然税金が発生すれば乙の負担ですね。

3工事業者は甲乙協議で決めます。
これは室内工事は乙でも問題はありませんが
看板の場合建物全体のバランスを取る意味でも
甲の指定業者となる場合は多いです。
費用はもちろん乙の希望でやることですから
乙の負担となります。

4乙が退去の際は甲に買取請求権は放棄し
原状回復の義務を負うものとしますが
甲が原状回復を希望しない場合はこの限りではない。
買取請求権とは乙がエアコン新設していた。
退去に伴いまだ新しいので1万円で買い取ってくださいって
言うようなことですがこの項ではそんなことは言えない。
さらに取り外して原状に戻してください。ってことです。
しかし甲が置いて出ても言いよって言えば
取り外さなくてもいいですよってことです。
わかりにくい言葉で記載されてますが
こんな感じの解釈です。

5甲の承諾を得ずして改造等をした場合
このため生じた損害賠償はもちろん
原状回復の義務も負います。

甲の承諾を得ていないってことが
そもそもなんですが
勝手にやったことが原因で損害を与えれば
賠償責任は乙ですし、当然原状回復の義務も
負いますね。

今日はここまでとしますが
原状回復って言葉が出てきました。
退去時の敷金精算時にもよく使われる言葉です。
本当に簡単に説明しておきます。

・原状回復・・・元の状態に戻す

明日は第16条(解約予告)
ここも重要な条項ですから是非ご覧くださいね。

ネクストライの古井さん今日のとこは理解でしましたか❓

もう少し教えてなどありましたら
コメントください。

 

じゃ、またあした。

『建物賃貸借契約書 解説① (表紙)』

『建物賃貸借契約書 解説② (標記)』

『建物賃貸借契約書 解説③   条文(1)』

『建物賃貸借契約書 解説④   条文(2)』

『建物賃貸借契約書 解説⑤   条文(3)』

 

 

P/S 私が『部長』を勤める不動産屋のHPができました。

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

-不動産屋, 賃借人

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2019 All Rights Reserved.