広島テナントサービス

営業マンは間違い電話をしてはならない。

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでも人づくり・・・

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

 

サムライ
ご訪問ありがとうございます。

 

最近増加傾向にあるスマホの誤発信からの考察

不動産営業マンも会社からスマホを支給され
営業に使用しています。

携帯電話って本当に便利ではありますが
最近誤発進での着信って多いと思いませんか❓

着信を受け電話に出ると
こちらは『もしもし』『もしもし』って
無反応・・・
さらにはガヤガヤと周囲の音や
発信者の遠い声などが聞こえてきます。
明らかに誤発信ですね。

その着信は受信側が切らない限り延々と続きます

もしその誤発信の時、その相手先の悪口言ってた日には・・・
恐ろしいことです

絶対的に注意が必要ですね。

特にスマホは着信履歴画面で持ち歩かないことです。
ご案内中に電話を使用した後などは要注意です。

そんな誤発信を防止するためにも
弊社ではスマホカバーを装着しています。

 

モノ(スマホ)を大切にすると同時に
誤発信で迷惑をかけない=相手を大切にする。

会社側もスマホの支給だけに止めず
スマホカバーの支給も考えた方がいいですね。

その際は上の写真のような手帳カバー風でないとダメですよ

特に不動産営業では
大事な話も携帯でするケースが
多いですから要注意です。

『F』くんのはどうじゃったろうか・・・

 

じゃ、またあした。

 

昨日のご来店
いらっしゃいませんでした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

アメブロ版『拙者が斬る!』

-広島テナントサービス

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.