不動産屋

時代に逆行する不動産屋。

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでも人づくり・・・

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産業部長の『不動産業日記』

 

サムライ
ご訪問ありがとうございます。
梅雨のような鬱陶しい毎日ですが
元気に頑張りましょう。

8月17日にオープンした弊社ですが
昨日めでたく最初の決済を2件終えました。
関係者の皆さんありがとうございます。

新規オープンの弊社は
どこか街の不動産屋とは違う雰囲気
違う感じの不動産屋を目指し
『ペーパーレス』な不動産屋としました。

こんなことが出来るのも
世の中が進化したことに尽きます。
物件資料はPDF化しメールで提出。
FAXはインターネットFAXを使用し
無駄なペーパーを削除。
コピー機も印刷機も敢えて導入せず
どうしても必要な場合のみ
本社へメール(添付)して印刷
又はコンビニでの印刷としています。

従来の事務所慣れしてた「F」くんは

営業マンF
本当に必要な物ってそんなに無かったんですね。

と、概ね好評ではありますが
まだ慣れないこともあるようです。

携帯アプリの利用(スキャナー)など
どれとどれを組み合わせると
ペーパーレスにできるか❓
慣れの問題でしょうね。

このように弊社は時代の進化に対応し
最新の省エネ不動産屋として進んでいますが
一部の不動産屋さんでは
『なぜ?』
『どうして?』
『そんなことしてどうなるん?』
そんな非効率的な事務処理を
相手先不動産屋に求めてきます。

要はめんどくさい手続きを要求してくる。
例えば住居と駐車場を併せて借りる場合
従来1枚で済んだ申込書を2枚に分けて提出。
そうすれば住居用の契約書と駐車場の契約書が
作成されてくる。

良かれとの策なのでしょうが
これにより駐車場のみ解約が可能と思わせたり
実務的には弊害の方が多いのではないでしょうかね。

その他にも申込時や契約書提出時の
添付書類の多さ、その精度(モノクロ不可とか)まで

実際にそこまで求める理由があるのでしょうか❓
まったく時代の流れに逆行してると思います。

要は自社内での管理体制の問題ではないでしょうか。

その自社内の問題を取引先に求め
一体何が・・・って思ってしまう。

提出書類を増やし、書類の制度高めたら
家賃の滞納は減るのでしょうか❓

拙者はまったくそうは思いません。
契約時に書類を沢山提出させようがしまいが
滞納する人はするし
滞納しない人はしない。

そこは書類の厳密さだけでは
乗り越えられないものではないですか。

何の目的でその書類提出を求めているのか❓
必要最小限で充分対応できてるのは
弊社の経験だからでしょうか。

もっと簡単に契約できる。
これを目指すのはダメでしょうか。
そしてそこには仲介不動産屋としての
責任があるのは当然のことだと思います。

まぁ、不動産屋それぞれ
いろんな考え方が
あるってことなんでしょう。

 

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

アメブロ版『拙者が斬る!』

-不動産屋

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.