拙者が斬る!

結局誰もわからない・・・

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでも人づくり・・・

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『不動産業日記』

 

サムライ
ご訪問ありがとうございます。
今週は順調に原付で通勤できてます
暑いですが・・・

 

なんの図面かわかりますか❓

実は街のほうでいう『公図』に値する図面です。
拙者の母の相続のため調査しています。

本職ですから一般の方よりはわかってるつもりですが・・・
実態とまったく異なるのでわかりません。

数十年前の航空写真と比較してもわからない。

わからない土地建物の固定資産税を支払ってるのか❓
ってことで固定資産税課に出向いてみました。

さすがですね、航空写真に線引きをして
この土地が○○○○番□、みたいにわかるようにされてました。

間違ってましたけどね

どうやら数年間、他人の固定資産税を負担していたみたい・・・
評価がす〜ごっく低い場所なんでもういいですが・・・
そしたらこの土地は何番なん❓

みたいなことまで発覚。

今回の相続手続きで綺麗に処理することにしました。

 

結局、誰も本当のところはわからない。

廿日市市の固定資産税課は
法務局の番号を参考にしてる。
法務局は所有者の提出書類に基づいてる。

結局、本人がわからないと誰もわからないらしい・・・

これが街中だときちんとしてんだろうけどね。

 

田舎の土地、建物。
わかるうちにきちんとわかるように
しといた方がいいですよ。

もっと面白いのは
JAが土地建物に抵当権を設定してるらしいけど
その地番ってうちの地番じゃないんじゃけど・・・
どうなってるんだろうね

考えられんことが平気で起こるのが田舎。
ってことでしょうか❓

えぇ加減なものです。

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

アメブロ版『拙者が斬る!』

-拙者が斬る!

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.