賃借人

『事務手数料』請求されてませんか?

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『不動産業日記』

 

サムライ
お疲れさん
不動産学校はやって良かったです
いろんなことが明るみになります

自分自身も教えながら日々の業務の確認ができてます

 

さて、昨日の『不動産山藤学校』では賃貸借仲介の入り口。

『募集』『問合せ』『紹介』までをタップリ時間をかけて勉強しました

授業中は営業マンFに対して質問を交えながら実務に沿って勉強します。

 

そこで発見されたことなんですが、契約時の請求内容を質問したところ

管理会社(元付不動産屋)からの請求に対して
その全て+仲介手数料を『F』はしていました。

そこで見つかったのは『事務手数料』

もちろん『敷金』『礼金』『前家賃』『家賃保証料』『鍵交換代』『仲介手数料』はお客さんに請求してもいいでしょう。

しかし、『事務手数料』って管理会社から弊社に対しての請求なんですね。

だからお客さんに請求しちゃダメでしょう・・・

 

まだ、入金前だったので訂正させましたけど・・・

聞けばもう一人の生徒『S』さんも他社で契約時に『事務手数料』を支払ったとのこと。

やられちゃいましたねぇ・・・

不動産屋は『仲介手数料』以外請求しちゃダメなんですね。

 

この『事務手数料』って管理会社が客付不動産屋に対して

『仲介手数料』を全額あげる代わりにその中から『事務手数料』を払ってくださいね。

ってことなんです

したがって『事務手数料』の負担者は『客付不動産屋』となるのです。

まぁ、管理会社からの請求には負担者が誰なのか❓記入はないので
不動産初心者は何も考えずお客さんに請求したんでしょうが・・・

やばい、ボッタクリですね

 

皆さんも賃貸契約時に『事務手数料』請求されてませんか❓

よくわからないから請求されたままで支払ってませんか❓

わからなければわかってる人(拙者)に聞いてください。

 

基本、賃貸借契約時に『事務手数料』は必要ありません。
(仲介手数料が無い場合は『契約事務手数料』がいる場合もあります。)

不動産屋が負担すべき『事務手数料』を負担させられないように気をつけてくださいね。

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

アメブロ版『拙者が斬る!』

-賃借人

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.