拙者が斬る!

契約書類から考えること。

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『不動産業日記』

 

サムライ
お疲れさん

フレンズ壱番館101申込

ありがとうございます

 

契約書は不動産屋の命って弊社では教育しています。

完璧な契約書類を作成しています。

でも、他社の契約書ときたら・・・

閉口してしまいました

怒りを覚えました

そもそも今回の契約は弊社は仲介をしておりません。

そのため、重要事項説明書の作成は客付不動産屋へ依頼しました。

担当者にもきちんと伝えておりましたが

重要事項説明書に弊社が媒介したように記載されてる

さらに、弊社の記名欄への押印までされてる。

その上で、その不動産屋の押印はされてない。

 

拙者の名前が表記されてる部分への押印は『和田』・・・

誰なん

弊社の印ではなくその不動産屋の印が・・・

もうここまで来ると腹立つ以外に無し

 

もっと勉強と確認をしてほしい。

なぜ❓重要事項説明書を作成するのか❓

そりゃ弊社が仲介するのなら

重要事項説明書も弊社が作成します。

仲介しないから作成を依頼したわけですから

重要事項説明書への弊社の記載はしていただいたら困るわけです。

押印はあっさり簡単なミスなんでしょうが・・・

持参前に確認すれば簡単にわかるはず。

 

普段からいかに適当に仕事をしているかが伺われます。

弊社では常に厳しく物事を追求しています。

理由もなく物事を進めません。

何度も何度もこれで間違いないか❓

確認して、完璧な物をお客さんに提供しています。

この普段からの心がけが大事ってことです。

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

アメブロ版『拙者が斬る!』

-拙者が斬る!

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.