広島テナントサービス

なぜ❓担当『F』の案件には問題が多発するのか❓

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『不動産業日記』

 

 

サムライ
お疲れさん

さぁ、今年も残り半月

やり残す事の無いように

しっかりと過ごしましょう

 

きちんと進めていただきたい『F』担当案件。

かなり苦戦をしています。

 

弊社期待の営業マン『F』のなぜについて考えみました。

なぜなんだろう❓ってくらい

すべての話がスムーズに進まない

たとえば、売買契約を終え決済待ちなんだけど

買主への融資が決まらない

仮審査は通ってたのに本審査で落ちる・・・
(ごく稀に起こる現象)

現在、他の金融機関で本審査中。。。

 

たとえば、賃貸での申込はいただくのだが

管理会社の審査が通らない

契約者を法人契約に変えて再審査するも通らない

最終手段、保証会社を変えてなんとか審査通過するも・・・

内装工事ができてないので契約は来年

 

さらに賃貸、同じく申込みをいただくも

また、審査落ち

今度も保証会社を変更してのリベンジです・・・

 

これ以外でも申込みの意思表示はもらったが

結局申込みは入らなかった

 

案内はしたのにその物件を他業者で申し込まれる

 

こんだけスムーズさを欠くってすごくない❓

ほぼすべてで何らかの障害が発生

まぁ、いい勉強、いい経験にはなってるんでしょうが

本人に何か問題があるのかもね。

そこは拙者が見つけてあげなきゃね

その前にお祓いでもしてもらいますかね。

 

思うにすべてはマッチングが悪いんだろうね。

お客さんと『F』のマッチングからはじまり

紹介物件とお客さんのマッチングとかね。

 

いい物件であればなんでもOKってことは無いんですね。

お客さんの希望通りが成約には結びつかない。

 

家主さんや管理会社さんが

どんなお客さんを望んでるかってことも

考えながらマッチングしなきゃね

 

そこがわかってないんかな・・・

 

スムーズにことが進まない場合

拙者なら代替案を示しその方向に話を進める努力をします。

相手に言われたままではその相手から拒否されたりで進みません。

要は、『F』が契約締結に向けて関係者をリード(導く)ことが大切。

『導く』ことができない。

多くの経験と自分自身の責任感。

これが無いと『導く』ことはできないでしょう。

 

まぁ、一つの壁(一つじゃないけど・・・)だな。

 

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

アメブロ版『拙者が斬る!』

-広島テナントサービス

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2021 All Rights Reserved.