広島テナントサービス

仕事のスピードは余裕を生むために必要なんです。

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『不動産業日記』

 

2019年閉店シリーズ。
『むさし本通り店』現在店頭での販売だけは続けられてます。
建物老朽化に伴う安全確保が原因と伝えられています。

 

サムライ
お疲れさん

仕事のスピードについて

 

今日は仕事のスピードについて

拙者は基本的にぶち早い

これは意識して早くしてる。

 

拙者たちの仕事は昔からよく

『待ちの仕事』と言われる。

今はこちらから仕掛けることも増えてきたけど

やはり『待ちの仕事』なんですね。

 

どういうことか❓

お客さんから問い合わせがないと始まらない。

お客さんから連絡がないと何もすることはない。

まぁ、みなさんの仕事も似たり寄ったりでしょうが。

 

どうせ待つなら余裕で待つ。

そのためには自分がやらなきゃいけないことは

さっさと済ませて余裕で待つ。

 

契約書作成なんかはさっさと作成して

先方に渡す。(そこから先は先方のペースです。)

基本的に待ちの仕事ですが

待ってたらいつなのか❓って時は

こちらから動く。

無駄な待ち時間をなくす為に。

 

取引不動産屋さんが契約書や鍵を取りに来る。

何時に来るのかわからない。

だから事務所で待機・・・

その待機時間、無駄じゃろう

だから拙者は届ける。

自分のペースで動ける。

先方からは喜ばれる。

こういうことなんです。

 

余裕をもって待つ。

余裕があればいい対応が生まれるものです。

余裕の無い奴はきっといい対応ができない。

これは間違いないこと。

 

余裕をもつためには

さっさと片付けること。

昨日も領収証発行依頼があったけど

一時間後には依頼者に届けてたからね。

自分のやることはさっさとやって

手を離す

年末、月末、週末なんかに考える。

来年、来月、来週やろうって

それじゃ絶対にダメだね。

 

すぐやる拙者だけど

仕事そのものは慎重に完璧にしてます。

いくらスピードがあっても雑な仕事じゃだめよ。

 

まぁ、忙しい忙しいっていつも口にしてる人に

本当に忙しいことは無い

だから拙者はいつも『暇』って答えてる。

まぁ、そういうことですよ。

 

仕事を最速でやる
⬇︎
心に余裕ができる
⬇︎
急な出来事にも対応できる
⬇︎
お客さんに良い姿勢で対応できる

お客さんに喜んでいただける
⬇︎
良い仕事に繋がる
(良い仕事とは都合の良い仕事では無く質の良い仕事)

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

アメブロ版『拙者が斬る!』

-広島テナントサービス

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.