拙者が斬る!

契約解除セブンイレブンオーナーからの考察 (自分の能力を過信しない)

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『不動産業日記』

 

サムライ
おはようございます

明日から仕事始めの拙者です

この正月は妻の『ノロ』もあり

ノンアルコールのお休みでした

やればできるんです禁酒

 

さて、少し前の記事からです。

拙者のまわりには仕事柄、独立・起業をされる方が多いんです。

テナントの紹介を本業としてますからね。

そこで、前述の新聞記事です。

セブンイレブンのオーナーが

フランチャイズ契約を解除され

独自に再開されるという記事。

 

大手フランチャイズを敵に回して

やっていける訳が無い。

このオーナーさん何か勘違いしてると思います。

 

それはコンビニ経営って人員問題なども含め

大変なのはよくわかります。

しかし、巨大コンビニのフランチャイズだから

享受できたメリット、忘れてるんじゃないですか❓

 

ここからが本題ですが

できる営業マンは勘違いする。

すべての実績は自分の力と勘違いする。

勘違いから独立・起業ってなるのですが

その実績には所属会社の力もそれなりにある。

 

もしかしたらその所属会社の名前のおかげで

仕事ができてたかも知れません。

 

独立・企業の前に本当の自分の実力を考えてみてください。

勘違いして独立・起業しても失敗すること間違いなしです。

そんな人を掃いて捨てるほど見てきた拙者だから言えます。

 

自分の実力を見誤らない

ここ大切ですからね。

 

さて、このセブンオーナーさん

そのうち消えて無くなりますよ。

 

ただ、こういう話になると

必ずお節介をやきに出てくる

第三者組織、○○ユニオンとか・・・

ハッキリ言って他人事ですからね。この人たち。

似非いい人たちですから。

 

そんなものに頼らず

組織の中できちんと筋を通して改善に向けて

話し合うことが必要でしょうね。

まぁ、その話し合いができなかったからこうなった。

ってこともあるのでしょうが・・・

 

自分にとって良い仕事をしていくためには

それなりの規模の会社がいいですよ。

個人事業主なんて聞こえはいいかも知れませんが

所詮は個人レベル。

本当に社会に貢献したいって考えるなら

ある程度の規模の会社で

それなりの職責でやっていくことが大事だと考えます。

 

この件に限らず

日本って国は事が起こってから

大勢は動く(法律を作る)。

 

起こるかもしれない段階で手を打つことが必要なんですがね。

 

弊社はそんなことのないように

明日から『不動産事業部』一丸となって頑張ります

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

アメブロ版『拙者が斬る!』

-拙者が斬る!

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.