広島テナントサービス

自動音声電話はやめた方がいいと思います。

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『本物の不動産屋日記』

 

サムライ
お疲れさん

ありがたいことに

2020年第一週目から

フル回転してます

予定が押して押して

つらい・・・/st-kaiwa3]

案内『K様』

案内『M様』

案内『M』様

 

これだけ動いてるんですが

その間も不具合の連絡や

契約前の打合せなど

バンバンと入ってきます。

 

一件一件丁寧に対応していますので

ご安心ください。

私、まだまだ余裕です。

 

さて、昨今の電話事情です。

大手の企業さんは

自動音声を導入されてます。

 

この自動音声、聞いてる間に

腹たちませんか❓

元々、短気でせっかちなタイプなもので

やんわりゆったり

『次の要件のダイヤルを押してください』

なんて音声が流れると

もうダメですね。

 

大概、最後に

『オペレーターをお望みの場合は○番を押してください』

って流れるんです。

最初に持ってこいよってなります。

 

広島銀行も大和リビングも中国電力も・・・

ひどいのになると通話料もこちらもちとかなんです。

 

結局要件のボタンを押しても

さらにその先も音声で

最後やっとオペレーターに繋がる。

 

非効率的な仕事です。

こんなのを丁寧とは言わないでしょう。

 

オペレーターはオペレーターで

本人は丁寧に対応してるつもりなんでしょうが

『ネクストライはどのような字でしょうか?』

なんて聞かれて・・・

思わず

[st-kaiwa3]どんな感じで書くの?

カタカナに決まってる

でも、ローマ字ってこともあるのかと

少しだけ反省しました。

 

いずれにしても自動音声での対応って

丁寧とかお客様のためにとか

まったく思って無い企業のやることですね。

 

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-広島テナントサービス

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.