広島テナントサービス

おとり広告?そんな不動産屋で物件探しは依頼しないでください。

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『本物の不動産屋日記』

 

サムライ
お疲れさん

三連休中日いかがお過ごしでしょうか

弊社物件をご案内いただいてる

同業者の皆さん

本日もよろしくお願いします

 

昨晩はセブンのカレーにしてみたんです。

このパッケージ見て閃きませんか❓

1食分のレトルトカレーパック。

『1食分の野菜が摂れる・・・』って

1食分なんだから当然ですよね

 

よくこんなキャッチを作るものかと・・・

1食分で1日分なら良いんですが。

 

そんな他社の商品を見ながら

弊社のテナント募集広告を見直しました。

大竹の弊社調剤薬局物件の募集広告です。

宅建業法に基づく広告を作っていただきました。

宅建業者番号や取引形態、広告有効期限など

いろんな制限があるんですね

『希少!』なんて表現は微妙だなぁ・・・

なんて不動産屋の広告は広告規定に基づいて

表現しなきゃいけないんですね。

 

しかし、こんな広告規定を

まったく無視するおとり広告で

集客を考える不動産屋がいるのも事実です。

 

皆さんも経験ありませんか❓

『その物件、今決まったんです。』

なんてこと。

最初から無かったのかも知れませんね。

 

問合せ後、その物件が

まだ掲載されてるようだと

その不動産屋は❓❓❓

やめておいた方が良いでしょう。

 

弊社でも時々あるんです。

他業者の物件を掲載してて

問合せをするともう無い場合。

そんな時、弊社は

お客さんにお詫びすると同時に

掲載から抹消しています。

 

日々、最新情報の掲載に

注意はしているのですが

そんな場合もあります。

 

そんな時の真摯な態度が

不動産屋の見分けかたに

なるかも知れませんね。

 

『物件探し、その前に不動産屋探し。』

ですからね。

 

 

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-広島テナントサービス

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.