広島テナントサービス 賃借人

音の問題で殺人事件が起こりました。

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『本物の不動産屋日記』

 

サムライ
お疲れさん

連休中は不動産の学校のこと

しっかり考えられました

何を教えて欲しいか❓

教えてください

 

さて、ネットで配信されてたNEWS

入居者同士のトラブルが原因ですが

管理会社(不動産屋)が容疑者に注意してた。

注意を受けた容疑者はなぜか

「もう殺すしかない」と思った。

 

音の問題だったんでしょう。

「上がうるさい」って苦情は

比較的多いです。

 

私の経験ですが

本当にうるさい人も存在しますが

うるさいと思う側が意外に

神経質、細かすぎる場合も考えられます。

 

その際の対応ですが

実際に現地で音を確認してみます。

もちろん上階の方には

普段通りに生活してもらいます。

その上でどのような音が

どのように聞こえてくるのか。

苦情を訴えられる方と

一緒に音の確認をします。

 

その結果、確かに注意して

頂かなければならない場合は

上階の方にその旨お伝えします。

 

基本的にはこのような対応をしています。

 

過去には朝方3:00頃から

音がするなどの場合もありました。

もちろんその時間帯に伺いました。

 

共同住宅ですから

まったく音が無いなんてことはありません。

問題はどんな音がどんな時間帯に

聞こえ苦情になるのか❓

ここの考え方です。

その物件の立地、構造、賃貸条件などを

勘案しながら双方に納得いただけるよう

辛抱強く対応することですね。

音の問題は長期間、根が深くなる問題です。

 

最後はどちらかが解約で解決なんて場合もあります。

弊社では物件提案の際

入居者希望者の方の生活時間帯などをお聞きします。

できるだけ生活時間帯が同じような方や

同じような生活時間が考えられる方が

同じ物件に住めればこのような音問題も

多少は少なくなるのではと考えています。

『学生専用』『女性専用』『夜勤可』など・・・

 

『音の問題』で殺人事件って

不動産屋も注意の仕方、対応を

考えなければいけませんね

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-広島テナントサービス, 賃借人

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.