賃借人

仲介手数料は貸主、借主0.5ヶ月が原則なんですが・・・

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『本物の不動産屋日記』

 

サムライ
お疲れさん

本日前歯を4本抜歯します。

30年近く私の前歯として

頑張ってたブリッジもはずされます

ということで金曜日まで

前歯が無いので

言葉が聞き取りにくいと思います

ご迷惑をおかけします

 

前歯も抜歯

だけど『サボテン』も・・・

日当たりがまったく無いので

可哀想なことをしてしまった・・・

残りは健やかにと願って

本社に引き取ってもらおう

無知って恐ろしいことです。

 

無知といえば皆さんは

『仲介手数料』のことを

どこまで理解されてるでしょうか❓

昨日、判決で『東急リバブル』に

仲介手数料の一部返却の判決が出ました。

 

賃貸借の仲介手数料(上限)は

賃料の1ヶ月分です。

これは皆さんご存知でしょうが

実はこの1ヶ月分の原則は

貸主0.5ヶ月借主0.5ヶ月合計1ヶ月となります。

ただし、申込前に借主の了解があれば

借主1ヶ月となっても差し支えない。

原則は貸主、借主0.5ヶ月なんです。

 

一般的(商慣習)により

借主1ヶ月となってはいます。

 

そこで問題です。

この記事に対していろんな立場の方が

SNSでコメントあげられてます。

「私は引っ越しをしたくて

不動産屋に行くのであって

不動産屋を儲けさせるために

不動産屋に行っているのではないのよ・・・」

じゃぁ、不動産屋のサービスは無償なの❓

とんでもない勘違いをされてるようです。

 

私たち不動産屋は

貸主、借主の間を取り持ち

公正に契約が締結されるように

努めています。

 

一部の貸主さんに至っては

どうしても仲介業者を介在させてほしい。

これは、不良な借主への対策なんですね。

 

いい物件に入居したければ

仲介手数料を負担してもいいのではないでしょうか。

また仲介手数料を払いたくないのであれば

仲介手数料不要物件から選択すればいいでしょう。

そうなれば物件の質が下がるのは当然です。

 

いい物件に住みたい。

でもお金は払いたくないでは

そもそもそんな甘い話

あるわけないのではないでしょうか。

 

そんなSNSの投稿の中で

私がそうだなぁって感じた投稿が

ありましたのでご紹介します。

『問題の本質は不動産屋が貸主のためにしか働いてないことだよ。』

『借主側に立って仕事する業者だったらもっと払ったってトータルでは安い。』

正におっしゃる通りです。

正に弊社の考えどおりです。

 

弊社では契約締結=仲介終了ではありません。

契約締結=仲介の始まり。

仲介の終了=敷金精算の終了。

 

他社との比較検討をお願いします。

 

P/S 昨日家主さんから連絡がありました。

知人が私(家主さん)の物件を借りたいと言ってきた。

お互いに知り合いなので仲介会社は無しでと言ってきた。

でも、あなたに仲介で入っていただきたい。

家主さんの本音はここにあると思います。

 

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-賃借人

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.