賃借人

国会議員河井夫妻と契約開始日。

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『本物の不動産屋日記』

 

サムライ
お疲れさん

原付通勤の私ですが

今日は耳が千切れそうなぐらい

寒かったです

もはや出勤が最大の仕事って感じです

 

 

国会議員の河井夫妻

やっと記者の前に出てきましたね。

このタイミングを待っていたのでしょうか❓

あの会見内容程度なら

いつでも出来たような気がします。

まぁ、捜査中なので何も答えられない。

ってタイミングなんでしょう。

 

さて、タイミングを逸してはいけないのは

賃貸契約における契約開始日なんです。

契約開始希望日を賃借人さんに確認します。

これは契約費用の準備などを考慮するわけです。

その希望日に併せて

契約書の作成、日割り賃料の計算、

内装工事の日程などを組んでいます。

 

そんな大切な契約開始日を

たった一言で

『一日早めたい』って人が結構いらっしゃいます。

内装工事なども終了してれば

申し出に応えてあげたいのですが

そんなに簡単な問題では無いんですね。

 

契約書の変更が必要になるのか❓

その際の事務手数料は支払う気があるのか❓

火災保険契約は日付変更できるのか❓

お客さんの安易な発想・思いで

簡単に承知できるものでは無いんです。

だから契約開始希望日を確認する際

あまり急かしたりはしないんです。

まぁ、再度費用がかかるって伝えたら

ほとんどの方がそこで諦めますね。

 

前出の河井夫妻のように

状況が少し変わったから

いつにするってものじゃないんです。

 

お客さんの簡単に思われる内容でも

実は振り回される人たちが

たくさんいるってことを考えてください。

 

基本的に弊社は契約書作成後

契約開始日変更は受け付けていません。

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-賃借人

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.