広島テナントサービス

忖度できない不動産屋に依頼してもダメです。

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『本物の不動産屋日記』

 

サムライ
お疲れさん

まだ入れ歯がしっくりしません

しばらく大きな違和感との戦いです

 

河井夫妻連日新聞紙上を賑わしてます。

擁護するわけでは決してありませんが

この記事を読んで思ったこと。

『官邸や党に対する「忖度」を感じ取った』

これは夫妻の会見を見て関係者が思ったことです。

「忖度」当然でしょう。

「忖度」のどこが悪いんでしょう。

ここ最近「忖度」って

悪いことのように言われます。

が、

日本人は「忖度」できなきゃだめでしょ。

「忖度」って相手の気持ちが

わかってはじめてできることです。

 

私たち不動産屋なんて

もう明日「忖度」してますよ。

「忖度」できない営業マンは

売上が上がらない・・・

それぐらい「忖度」って大事なんです。

 

家主に「忖度」

借主に「忖度」

同業者に「忖度」

取引業者に「忖度」

 

逆に「忖度」できない相手とは仕事をしない。

別に悪いことをするのを

「忖度」する訳じゃありません。

相手の気持ちを推し量り

ではこのようにされたらどうでしょう。

ってことなんです。

 

この世にもっともっと

「忖度」する風潮になれば

争い事も少なくなると思うんです。

 

ただ今回の河井夫妻の「忖度」は

強者(力上位者)に対して「忖度」と

解釈されてますが

そういうのは「忖度」じゃなく

媚(こ)びる、諂(へつら)う

って言うんです。

だからこの夫妻は

『政権中枢の存在を「後ろ盾」として

周囲にアピールしていた2人の

強気の姿勢は、消え去っていた』

こうなり訳です。

 

いいですか。

「忖度」できないような不動産屋に

仕事を依頼してもダメですよ

あなたのことをしっかり「忖度」してくれる

そんな不動産屋に依頼すれば

あなたの希望に必ず応えてくれるはずです。

 

ちなみに弊社は『忖度』しまくりです

 

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-広島テナントサービス

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.