広島テナントサービス

あまりにも細かすぎる賃借人さんは損するようになります。

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『本物の不動産屋日記』

 

サムライ
お疲れさん

本当に気分悪いです

月曜日から・・・

 

朝一で入居者さんから

修理依頼の連絡がありました。

が、

細かい細かい・・・

どうやら漏水の修理依頼でしたが

入居者本人も気づかない程度の漏水。

ですが

『漏水分の水道料を返金してほしい』

・・・・・

こんな入居者さんもいるんです。

金額にしてもおそらく100円未満程度・・・

理路整然とお話をいたしました。

「漏水分の金額をハッキリ証明してください」

「証明いただいければ家主さんにお話しします」

「その上で漏水分の料金を負担していただきます」

 

気持ちはわかるんですよ。

多少は。

でも、金額的に考えてもどうなの❓

そもそも入居者ご本人ですら気がついてない。

これは善管注意義務違反にもなるのでは・・・

 

もちろん漏水修理依頼はいたしました。

修理終了後からの水道料金を確認し

今回の料金と大きな差が生じるようであれば

返金するようにいたします。

 

賃貸生活ってお互いに譲る気持ち

これが大切なんですが

最近は一方的な話が増えてきました。

細かい要望が・・・

 

ただ細かい要望をされる入居者さんに

一様に言えるのが

その工事代は入居者さんの

負担になります。って伝えると

みなさん修理を望まれなくなります。

 

それはダメだと思います。

最終的には敷金精算時に

修理代を請求させていただきますので

同じ料金を負担するなら

すぐ直した方がいいですよね。

ここも善管注意義務にあたりますね。

 

私も今日は感情的になりました。

以後、仲介業者さんを通じてしか

話をしないことにいたしました。

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-広島テナントサービス

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2021 All Rights Reserved.