賃借人

修理依頼の連絡はついでで伝えるものではありません。

投稿日:

真面目を突き抜けたサムライブログ

商売はどこまでもいっても人。
不動産業を通じて人づくり。

最後は『人』なんです。

多くの人と接し、良い影響を
与え続けるあなた
全力で応援しています

広島テナントサービスを運営する
有限会社ネクストライ
不動産事業部長の『本物の不動産屋日記』

 

サムライ
お疲れさん

家賃確認のお客さん

やっぱり滞納でした

で、その続きのお話です

 

ご入居者さんの中には

何か勘違いされてる方がいらっしゃいます。

何かのご用でご連絡をいただいた際

その用件が終わった直後に

『それと◯◯が壊れてます。』

『普通に使ってたんですけど・・・』

 

賃貸借物件の不具合の連絡を

ついででお伝えいただくわけです。

 

上記の会話、よくあるパターンなんです。

 

では、どこが問題なのか❓

 

まず、不具合の連絡は

何かのついでに連絡いただくものではありません。

気がついた際、直ちに連絡いただくものなんです。

 

気づいていたけど放っておいた。

その放っておいたことが原因で

修理が交換になってしまうとか

よくあることなんです。

 

気づいていながら連絡を怠った。

これは厳密にいえば契約違反に該当します。

『善管注意義務』違反となります。

賃借人さんにはこの善管注意が義務付けられてるんです。

ですからついでに伝える話ではなく

それ事態をすぐに伝えていただかなければならない。

と、こういうことなんです。

 

それと、『普通に使ってたけど・・・』って

そもそも普通ってなんなんでしょうか❓

賃借人さんの中での普通なんですよね。

まぁ、不具合個所は修理しないといけません。

その際、賃借人ご自身が金銭を負担したく無いから

そのような発言になるのだと思います。

 

私たち不動産屋は念のため

その不具合が賃借人さんの責めである場合

修理費用は賃借人さんにご負担いただきます。

ってお伝えします。

それは現場を見れば粗方わかるようなものなんです。

 

しかし、修理費用が賃借人さんのご負担になる可能性があると

お伝えすると突然、

じゃ修理はいいですって言われる

賃借人さんもいらっしゃいます。

どこまでも金銭を惜しむんですね。

 

でもね、ここで修理してなきゃ

解約・退去時も当然不具合のままです。

当然原状回復工事費に含まれてきます。

結局は賃借人さんのご負担になるわけです。

 

それなら1日も早く修理して

快適に暮らせる方が良いと思いませんか❓

私たちは何でもかんでも賃借人さんに負担させようなんて

これっぽっちも考えていません。

 

その修理費用はこうだから賃貸人さん負担

こうだから賃借人さん負担って

理路整然と負担先を振り分けているんです。

 

ですから不具合連絡を放置して

それが原因になると賃借人さんの

負担も増えてくるってことなんです。

 

そろそろ、自分の責任は自分で取る。

そんな気持ちで生活しませんか❓

そうできれば躊躇なく連絡はできると思います。

 

じゃ、またあした。

 

 

家賃保証のネクストライHP

テナント賃貸の広島テナントサービスHP

 

-賃借人

Copyright© 『拙者が斬る!』 , 2020 All Rights Reserved.