賃借人

契約書の記載通り『書面による提出』をすること

投稿日:

すっかり色づいた『獅子頭紅葉』
まもなく12月ですね・・・

 

さて、本日は来年に向けての
拙者の『働き方改革』
ある企業さんとの顧問契約のための
役員面談です

顧問業で生きていくのも
新しい考え方ですね
楽しみにしています

自分の人生、自分で切り開いていく
拙者にピッタリの生き方なのでしょう

 

さて
最近のお客さんの傾向でしょうか❓
いろいろな連絡が
ラインであったりメッセンジャーであったりと
SNS系での連絡が増えました

ちょっとした内容なら
わからなくもないのですが
解約に関わる内容などの
重要な内容もこれで済ませる風潮

ちょっとビックリです

些細な内容はいいでしょうが
大切な解約の連絡を
SNSなどの通信手段で
一方的に送ってくるわけです

電話連絡もなく・・・
届かなかったらどうするんでしょうかね

電話、FAX、メール、ラインなど
連絡方法は変化していますが
契約書記載の内容の多くは
『書面による提出』となっています

電話で連絡したから大丈夫なんてことではありません
後日、言った、言わないの
問題に発展することもあります

自分の責任問題ですから
面倒なようでも契約書に記載された方法で
手続きを進めるようにしてください

メールの扱いもおぼつかない
不動産屋も家主も実際にいますので(笑)

 

本日ここまで・・・御免。。。

 

 

 

掲載数もたくさん宝の山

広島でのテナント探しは⬇︎

『広島テナントサービス』

-賃借人

Copyright© 不動産顧問業 日記以上ブログ , 2019 All Rights Reserved.