不動産屋 拙者が斬る!

戸建て団地再生へ法改正

投稿日:

現在空き家の目立つ郊外の団地たち
(広島でもそうなんですよ)

ほとんどの団地が造成後30年ぐらいから
人口減少・高齢化してきます

人口が減少してくると
団地内にあった商業施設なども消えていく

その地域の再生のために法改正

その団地住民にとっては
大きな問題解決に近づきそうな改正でしょうが
本当にそれが必要なのでしょうか❓

すでに人口全体が減少してる
商業施設もいろんな地域に分散してできてる

住宅団地の中に商業施設や病院いるの❓

行政もどこに向かっているのやら❓

確かに土地建物に流動性を持たせるためには
法改正で土地の利用制限を緩和するのはいいと思うけど

サムライ
*利用制限緩和とは
戸建住宅しか建設できなかった土地を
他の目的物の建築もできるようにすること

住み方が変わってきたから
法改正するのはわかるけど

 

あっちにもこっちにも
いい顔してるようにしか見えない

 

多分行政もやってみなきゃ
わからないって事なんでしょうね

 

まぁ日本の行政は基本
けもの道(習慣)ができた後に
けもの道を公道(法律)に指定してみたいな

そこに計画性なんかはないよね

いきあたりばったり・・・
これが実態なんです

ほんまに考えるんなら
一回けもの道をぶっ壊して
0から計画し直さんとできんよね
これを改革って言うんだけど・・・

団地住民に気を使ってみせる
パフォーマンスなんだろうけど・・・

そもそもそんな団地は
もういらないんですよ
(だから人口減少してる)

不要なんだってことなのに
そんなもの再生しようなんて
それこそ無駄と考えますが
どうなんでしょうかね❓

行政って再生させるより
街をぶっ潰すほうが上手なのにね(本音)

いよいよ今週12月5日開催⬆︎
(神戸で会いましょう

 

本日これにて・・・御免。。。

 

 

掲載数もたくさん宝の山

広島のテナント探しなら交渉力抜群の

『広島テナントサービス』

-不動産屋, 拙者が斬る!

Copyright© 広島不動産相談ブログ , 2018 All Rights Reserved.