拙者が斬る! 読了

【読了】北風 小説早稲田大学ラグビー部 藤島大

更新日:

 

「自身とは他人を気にしないこと」

「すなわちむやみに試さない」

「理屈が正しくても阻まれる場合はある。しかし理屈がなければ絶対に阻まれる」

「ひとつの型を貫く あえて応用を封じ何百回もひとつの方法で取り組む 型に担保されてるので理屈を離れない」

「枠に入って枠から出てくる」

「終わりがわかると研ぎ澄まされる」

「枠を設けたほうが内側に圧は高まり万事明瞭になる 人間の能力も引き出される」

「開くばかりが世界ではない 閉じてこそ広がり深まる世界もあるのだ」

「悲しみは個人のもの 喜びはみんなのものなのだ」

「緊張の極にあって生き残るのは本物の自分らしさだけだ それだけがおのれのベストである」

「ビッグゲームは2日前に決する」

-拙者が斬る!, 読了

Copyright© 不動産顧問業 日記以上ブログ , 2019 All Rights Reserved.